エステティシャンのアンチエイジングサプリ

      2017/08/11

老化に負けないで若々しさを保つための方法“アンチエイジング”ですが、アンチエイジングって何? と意外に正確なことを知らないという人も多いですね。

アンチエイジングとは
エイジング=加齢によって老化していくことに対して抵抗することを意味します。人の体は老化によって細胞の数が減っていき、機能も低下していくもの。その結果、肌のツヤやハリが失われていき、シワやシミ、たるみなどが目立つようになっていきます。そうした老化現象を、食品や化粧品、またはエステやセラピーなど様々な方法で押しとどめて、できるだけ若々しい体を保とうとするのがアンチエイジングです。

アンチエイジングの歴史

古くは古代エジプトのクレオパトラや中国の楊貴妃、18世紀フランスのマリー・アントワネットなど、歴史上有名な美の探究者たちが若さを保つことに熱心でした。

1980年代のアメリカでは病気をあらかじめ防ぎ、さらに健康な体を積極的に作ることを推奨する予防医学に力が入れられていて、そこでアンチエイジングという言葉も登場しました。そして1990年頃には科学的なアプローチも試みられるようになり、抗加齢医学が始まりました。抗加齢医学は人ができるだけ元気に長生きできる方法を研究する分野で、アンチエイジングの科学的な基礎を提供しています。

1992年には米国抗加齢医学会が設立され、アンチエイジングという言葉がさらに一般化されて広まっていくことに。日本にも2001年に日本抗加齢研究会(2003年から日本抗加齢医学会)が設立されました。

アンチエイジングの仕組み

老化の原因は主に、“酸化”と“糖化”の二つです。酸化とは活性酸素によって引き起こされる、細胞が錆びついてしまう現象。わかりやすいのは、リンゴの皮をむいて放置しておくと、酸化して茶色になってしまいますよね。外に出て紫外線を浴びたり、ストレスを感じたりすると体の中の活性酸素が増えていき、肌がダメージを受けてツヤやハリも失われます。

糖化は糖分との結合によってコラーゲンが変質してしまうことで、過剰に糖分を摂取して血糖値が上昇することで引き起こされる現象。それにより肌から弾力が失われて、シワやたるみの原因になります。女性なら気になる二十顎やたるみ、これは糖分の過剰摂取が原因だったりします。

アンチエイジングはこういった現象を抑制するための方法です。酸化を防ぐためには外出の際に、しっかりと紫外線対策を行ったり、なるべくストレスの溜まらない生活を心掛けることが大切。それに加えて活性酸素を除去する抗酸化作用のある食材やサプリメントを摂取するのが基本的な解決方法です。

糖化を防ぐためには食事と運動が重要で、血糖値の上がりにくい食品を選んで食べたり、糖分を上手く消費できるような運動を行ったりします。また、加熱によって血糖値を上げる成分が増えてしまうため、調理方法に気をつけることも大切。食べるときにも野菜や肉、魚などを先に口にして、炭水化物はその後にするのが良いと言われています。

アンチエイジングの方法

ビタミンやβ-カロテン、ポリフェノールやリコピンといった抗酸化作用のある食材を摂取する。食材にこだわる余裕がないという人は同様の成分が含まれたサプリメントも利用するといいですね。

酸化を食い止めるものや、抗糖化に効く植物エキスなどが含まれた化粧品もありますが、お肌は「内臓の鏡」と云われるくらい、腸内環境を整えることがわたしは重要だと感じています。

女性にとって永遠の悩みである老化に立ち向かうためのアンチエイジングですが、健康に若々しく過ごしながら、それをサポートする製品やビジネスを多くの方に紹介して、更に収入も得られたらこんなに嬉しいことはありません。

アンチエイジングサポートで若さもお金も手に入れる方法

 

この記事のライター☆TAKAKO

 

 -  TAKAKOの部屋, ライターたちのつぶやき , ,