ご近所付き合いが大変で疲れる!ワーママの嘆き

      2017/08/10

マイホームを購入し、いざ住んでみたらご近所付き合いが意外と大変で疲れる…「こんなつもりじゃなかった」「聞いてないよ」とげんなりしている人も少なくないもの。希薄になりつつあると言われるご近所付き合いがまだ盛んな地域もあり、地域の役員任務や地域行事への参加は専業主婦・ワーキングマザー問わず平等に必要とされます。家にいる時間が限られるワーキングマザーには意外と大きな負担となるものです。

 

ご近所付き合いの5大負担項目

 

ご近所付き合いの中で、特に負担が大きいものは次の5つではないでしょうか。

町内の役員

班長・組長など、交代で数世帯の長となり、回覧板の手配や自治会費等の徴収、行事の手伝いや会議への出席、訃報連絡等をすることになります。4月~3月の1年間任期が一般的で、原則順番が 来たらやらざるを得ません。昨年ちょうど私もやりましたが、思っていた以上にアレコレ用があって任期を終えてホッとしました。来年は子供会の役員が待っているので今年はつかの間のお休みのような感じです。
 

清掃や草刈り

公会堂の清掃や町内の草刈りが年に数回。 強制参加が暗黙の了解だったり、欠席の場合代わりにお金を徴収されることもあります。私が結婚当初住んでいたアパートの町内は欠席の場合3000円、ガッツリ一週間働いてやっと休める週末、草刈りで疲れるのもイヤだったし家事に買い物にお出かけにと、週末やりたいことは山のようにあるので、毎回3000円きっちり払って欠席させてもらいました。
 

葬儀・通夜

町内、それも同じ組や班で不幸があった場合、 通夜や葬儀の手伝いをします。特に組長・班長は役割分担や斎場へ行く際の配車、葬儀屋さんや喪主さんとの連絡等、手伝いの中心となり大変です。私が組長を務めた1年間に組内で二軒不幸がありました。(うち一軒はうちの父だったので役員としてより喪主側として忙しかったのですが 汗)

 

運動会・祭り

町内行事の運動会や夏祭りに参加を頼まれることも。私の住む町内では、運動会で町内を数個の地区に分けて地区対抗戦があります。各組で種目ごとに規定人数の参加が必要なので、組長さんに頼まれて何種目かは参加しています。今はけっこう楽しんで長時間運動会の会場にいますが、会社員時代は出なきゃいけない種目だけ義務感で出て、すぐに帰ってきてしまっていました。
祭りの役員となると、何度も会合があったり当日は準備から片付けまでずっと出ずっぱりで役目があったりするし、役員でなくても参加しなきゃいけない雰囲気で大変な地域も。

 

避難訓練

震災以降、全国で防災意識が高くなっており、年に一度は避難訓練を行う地域が多いようです。災害時に助け合えるよう、ご近所付き合いの有無は大きいでしょうが、うちの町内では日曜の早朝から半日かかる避難訓練、必要なことと分かってはいても私は会社勤めの頃はけっこう負担に感じてしんどかったです。

 

ご近所ママとの付き合いも意外と大変

上記のようないわば「任務」のようなご近所付き合いに加え、ご近所のママさんや子供同士の付き合いもあります。家にいる時間の長さが全く違う専業主婦のママさんとワーキングマザーでは、付き合いづらさを感じることもあるものです。専業主婦のママさんが多い地区で、ワーキングマザーは自分だけとなると、同じように子供同士を遊ばせることもなかなかできないし、関わる時間も自分だけがどうしても少なくなります。毎日顔を合わせて子供を遊ばせながら立ち話している専業主婦のママたちに対し、普段留守がちでたまにしか顔を合せないワーキングマザーが疎外感を感じてしまうのは無理もありません。

地域行事になるべく参加するようにしたり、遊べるときは子供同士を遊ばせ、自分もママたちの輪に加わってみたり、できるだけ仲よくする努力はできるかもしれませんが、時間がないワーキングマザーにとっては大変でもあるし疲れるものでもあると思います。

とはいえ、ご近所のママさんたちが子育てで力になってくれることもあり、ありがたい存在であるとも言えます。負担になり過ぎないお付き合いが、難しいながらもワーキングマザーに必要な道ではないでしょうか。

 

ご近所付き合いもしやすい在宅生活

ご近所付き合いが大変だと感じるのは、専業主婦にもあることです。ただ、家にいる時間が圧倒的に少ないワーキングマザーは、より大変に感じてしまうものだと思うのです。

私自身、会社員時代はご近所付き合いは疲れるし大変だしと、最低限しかしてきませんでした。アパート暮らしの頃は、ほとんど家にいないしずっと住み続けるつもりもなかったので余計にです。実家のすぐそばに家を建てたので、ご近所さんはみんな顔なじみで付き合いもしやすいですが、やはり退職前は家にいる時間が少なくて今より消極的でした。まるで専業主婦のようにいつも家にいることができる在宅ワークは、ご近所付き合いの面でも私の生活を大きく変えてくれたと感じます♪

 

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 

 - 子育て主婦の悩みを在宅ワークで解決 , , ,