ちょっと待って!ネットワークビジネス4つのデメリットを認識しよう

   

ネットワークビジネスはデメリットしかない?

 

どんなお仕事もそうだとは思うのですが、メリットがあればデメリットも必ずあるものなんです。ネットワークビジネスは世間的にイメージが悪いので「メリットなんてあるの?」「デメリットだらけでしょ」って思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ネットワークビジネスのデメリットはまず収入の問題と言えます。

ネットワークビジネスを始めるということは、個人事業者、起業家になるということです。しかし一般的な自営業のビジネスなら起業間もなく成功して多くの収入が入ることもありますが、ネットワークビジネスの場合は始めた当初の収入は非常に少ないのが普通です。

個人差はありますが最初の半年間は1ヶ月数千円にも満たないと思っていた方がいいでしょう。つまり、最初のうちはコツコツビジネスを続けていても労働時間に見合わない収入ということになります。半年間コツコツ続けて収入は1ヶ月たったの数千円・・・「これって働いている意味あるの?」そんな風に思ってしまうと、ビジネスに対するモチベーションが下がってしまします。そしてやる気がなくなり辞めてしまう人がたくさんいるのです。

 

この、ビジネスを始めたばかりの収入が労働時間に見合わないという最大のデメリットの他に、ネットワークビジネスにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

1.知り合いなどに声をかけるため人数に限りがある
人脈が多い人であれば問題はないのですが、私のような専業主婦ですと知人、友人は限られた人数になります。

2.ネットワークビジネスに興味のない人を勧誘すると交友関係にひびが入ることも。
ねずみ講や悪徳マルチなどネットワークビジネスをあまりよく思っていない人たちに嫌がられ、迷惑がられます。

3.セミナーなどに参加するため時間や費用がかかる。
接待費、交通費、飲食代、電話代など自己負担の出費が多く、セミナーに出席するための時間の確保も厳しい。

4.在庫や販売がある場合は、費用と保管場所が必要。
販売型のネットワークビジネスの場合は製品を大量に購入してそれを上手く販売できずに在庫になったり借金を抱えることになることもあります。

 

こうしてネットワークビジネスのデメリットだけ見ているとビジネスをする価値がないように思えますが、デメリット以上にメリットがたくさんあるのです。せっかくのメリットをデメリットにしないためにも、自分のモチベーションを保ってコツコツ継続した活動をすることが大切です。

 

あなたはネットワークビジネスにどんなイメージを持っていますか?

ネットワークビジネスと聞いて、どんなイメージを持たれますか?「ねずみ講」「悪徳マルチ商法」「詐欺」「強引でしつこい勧誘」「押し売りされる」「借金」など、悪いイメージばかりでしょうか?もしそうだったら、それはネットワークビジネスについての誤った知識によるものか、或いは実際に、一部の心無いディストリビューターの言動を見聞きしたためかもしれません。

 

しかし、こうした誤解にさらされながらも日本では40年以上もネットワークビジネスが存続しているのはなぜでしょう。理由はネットワークビジネスが社会にとって必要なビジネス形態だからです。最近の日本では長引く不況で多くの人が収入を減らしています。収入を増やすために副業を始めたいというニーズが高まっています。

それに「終身雇用の崩壊」「年金問題」「医療費の負担増」「消費税引き上げ問題」などから国や会社をあてにできなくなり、自分の身は自分で守らなければいけない時代になってきています。

しかし、ネットワークビジネスなら何でも良いという事ではありません。企業の特徴や、メリット、デメリットをきちんと理解するために時間をかけて情報を集め、真偽を見極めることが大切です。

私は50歳を過ぎてから「在宅ネットワークビジネス」を始めました。家から一歩も外に出ることなくできるのでとても助かっています。私が参加しているビジネスグループには、ネット展開が始まってから10年以上の経験と実績をもとに構築された集客・成約・フォローのシステムが確立されていますから、私は特に難しいことは考えなくても、マニュアル通りにコツコツ楽しくビジネスをすることができているのです。

参加しようかどうしようかと迷っていた時に、メリットとデメリットをじっくり考えて結論を出したことが今に繋がっているのです。

パソコン1つで成功!在宅ネットワークビジネスの秘密を公開中(^^♪

 

 

 

 - ネットワークビジネスのデメリット , ,