ねずみ講とネットワークビジネス、3つの決定的な違い

      2017/04/25

ネットワークビジネスはねずみ講ではありません。「ネットワークビジネスって、ねずみ講でしょ?」と言う人がよくいますし、世間全体にそういう認識が漂っている感はあるものの、構造が似ているだけで、この2つはまったく違うものです。ネットワークビジネスが嫌われがちでイメージが悪いのにはいくつか理由があるのですが、完全に「悪」であるねずみ講との混同も一端を担っていると言える気がします。

ねずみ講とは
ねずみ算式に加入者を集め金銭の授受を行う経済行為。
金銭回収だけを考える悪質な金銭配当組織で、無限連鎖講とも言われる。

ネットワークビジネスとねずみ講の違いは、大きく分けて3つあります。

 

ねずみ講とネットワークビジネスの違い1~法規制

まず1つ目の違いは法規制です。

ネットワークビジネスは合法

ネットワークビジネスは合法であり、特定商取引法で連鎖販売取引として規定されています。法律を遵守することにより、正当な事業として認められているものです。

ねずみ講は違法

ねずみ講は違法であり、無限連鎖講の防止に関する法律で「無限連鎖講」として禁止されています。ねずみ講は参加しただけで、法律違反で罰せられますので要注意です。

 

ねずみ講とネットワークビジネスの違い2~組織の仕組み

2つ目の違いは組織の仕組みです。

ネットワークビジネスは、価値のある商品を適正な価格で流通させる組織です。愛用者で作られる組織で、これを拡大していくことで報酬が得られる仕組みとなっています。

ねずみ講は、商品の流通がなく、会員からの出資金分配だけを目的とした組織です。無限に会員が増え続けなければ、配当として報酬を得ることはできないので、必ず破綻する仕組みとなっています。

 

ねずみ講とネットワークビジネスの違い3~流通

そして3つ目は、流通の違いです。
ネットワークビジネスは、きちんとした商品とその愛用者が存在します。流通実績に応じて報酬が支払われます。

ねずみ講は、商品が存在せず流通がなかったり、あっても価値がないものに不当な高値をつけて見せかけの流通をさせているだけだったりします。

 

 

ねずみ講とはなにか、ネットワークビジネスとはなにか、そして両者の違いはなにかを理解したらまったく別物ということが分かるでしょう。ねずみ講だと気付かず参加してしまう(=法を犯してしまう)ことがないよう、正しい知識を持つことが必要です。また、正しく理解する人が増えたら、ネットワークビジネスの勧誘を受けたときに、ねずみ講だと勘違いしたままよく話も聞かずに断ってしまう、なんていうことも減ると思います。

「ネットワークビジネスはねずみ講ではない」が、もっと浸透したらネットワークビジネスのイメージアップ、展開のしやすさアップにつながりますね。一ディストリビューターとしてそれを願いつつ、自分自身のビジネス活動は法律遵守は当然のことながら、「人の嫌がることはしない」という精神で誠実に展開していくのが私の進む道です。

 

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 

 - ネットワークビジネスとは ,