てこの原理で生み出す不労所得

   

ネットワークビジネスといえば「てこの原理」

 

「てこの原理」ってご存知ですよね。

「てこの原理」というと大きな物体を、てこを使うと小さな物体で持ち上げることができるということですが、ネットワークビジネスで言う「てこの原理」は小さな力で大きな収入を得られることなんです。この「てこの原理」は、ネットワークビジネスに不労所得(権利収入)を生み出します。

ネットワークビジネスは不労所得を期待してはじめても最初の頃はたいした収入にはなりません。それでもコツコツと継続していくことによって「てこの原理」で徐々に報酬が上がっていき、ある時期にまとまって収入が入ってきます。

この収入は一度築き上げると繰り返し利益を生み出す権利収入になり、組織が活動している限り、何もしなくても継続して収入が入る不労所得になります。

ネットワークビジネスを推奨するロバート・キヨサキ氏も「一馬力では稼ぎに限りがある」けれど、「多馬力を使うことによって、多くの成果を持てる」としています。つまり「てこの原理」を利用した方が不労所得は加速度的に増えるということになります。

ネットワークビジネスで「てこの原理」がどのように作用すると不労所得になるのか解説したいと思います。

例えば、あなたが1日に1時間の仕事をしたとします。あなたは5人のビジネスメンバーを誘いました。誘ったメンバー5人も同じように1日に1時間仕事をします。この5人も各5人のビジネスメンバーがいたとして、それを3世代まで繰り返したとしたら、

5+25+125=155になります。

155人の人があなたのために働いてくれます。凄いことですよね。(@_@。

あなたが1日に1時間1人で仕事をしても1時間分の仕事しかできませんが、155人が1時間仕事をしたら155時間分もあなたのために働いてくれる人たちがいることになります。
これが、「てこの原理」なのです。ちょっとの力で大岩を持ち上げます。ネットワークビジネスは流通グループを一度大きく築き上げると、それが「不労所得」となり、それはこの「てこの原理」があればこそなんです。

しかし、実際にビジネスをしてみると思ったように上手くいかない場合がありますが、逆に予想以上に上手くいく場合もあります。

一人でできる仕事量というのは一生かけても限界があります。その限界を超えるには、人を雇って「てこの原理」を動かさなければなりません。ですがネットワークビジネスは人を雇うことなく低リスクで「てこの原理」を手に入れることができます。

ビジネスを始めた頃は努力が必要ですが、諦めることなく継続することにより、こうした「てこの原理」を働かせることができるようになるなら、専業主婦でも、サラリーマンでも年齢や学歴、性別に関係なく将来的に大きな収入を得ることができます。
 

しかし、 現実はそんなに上手くいきません。。。なぜ?

 

あなたはネットワークビジネスの経験者でしょうか?

ネットワークビジネスの経験者ならわかると思います。「てこの原理」を動かすためには友人や知人に声をかけ、自分の流通グループを大きくしていくことで「不労所得・権利収入」を手にすることができます。

ですが、友人、知人に声をかけるということが中々上手くできないのです。私は対面式のネットワークビジネスの経験者でした。自分が使ってよかったから、それを友達に教えてあげようと声をかけても「それってなんか怪しくない?」など、話を聞いてくれる人がほとんどいませんでした。ネットワークビジネスは口コミができないとグループも大きくなっていかないので「てこの原理」は動きませんし、不労所得を得ることができません。

でも、口コミをしなくてもいいネットワークビジネスがあるとしたらどうですか?ビジネスをはじめてみたくなりませんか?口コミ勧誘だけでなく、セミナーや説明会などもありません。口下手で上手く人に伝えられなかった私は「在宅ネットワークビジネス」をしています。インターネットでリクルートしているので自分の好きな時間にビジネスができます。

専業主婦やワーキングママ、自営業者、親の介護をしている方、サラリーマンなど、自分のライフスタイルに合わせてビジネスができる所が利点です。

とは言っても、インターネットでビジネスをしても良いことばかりではありません。口コミやセミナーなどはありませんが、インターネットならではの辛さがあります。

毎日一人でパソコンに向かっての作業なので、テンションが落ちてきた時に、誰からも管理されないので ついつい怠けてしまうという危険性があります。在宅ワークは厳しい自己管理が必要なのです。このような現実を踏まえて私たちのグループでは、孤独にならないよう、アップとのメールやスカイプでのコミュニケーションを重視し、全国各地に居る仲間たちともメーリングリストやスカイプミーティングでの交流を活用して、楽しみながら活動を継続できるように工夫しています。

楽しみながら、諦めずにコツコツと継続したその先には大きなご褒美が待っています。収入減ができることで時間の余裕、気持ちの余裕を手にすることがいちばんですが、それだけでなく一生の宝となる仲間だったり、ビジネスそのものが生きがいになったりする人もいます。老後の不安も安心に変われば最高ですね。

必ず来る老後の生活を安心して送るために、あなたは何を始めますか?

 

パソコン1つで成功!在宅ネットワークビジネスの秘密を公開中(^^♪

 

 

 - ネットワークビジネスの不労所得 , , ,