自営業者の副業 女性おひとりさま老後資金構築法

   

女性おひとりさま自営業者の将来、安心して暮らせるほどの十分な老後資金の蓄えはありますか?

篠田桃紅(しのだ とうこう)さんの書いたエッセイ『103歳になってわかったこと』の販売が30万部を超え、「篠田桃紅」さんという作家に注目が集まっています。

生涯、家族を持つことなく独身を貫かれてきた桃紅さんは、どこの美術家団体にも所属することなく自由に仕事をされてきました。「くじびきみたいな結婚なんて、とんでもない」と結婚をせず、戦後、海外渡航が制限されている時代、ひとりニューヨークに渡り、個展を成功させた人生を振り返っています。

その桃紅さんが100歳となり自由の範囲が無限に広がったように思うとも書いています。篠田桃紅さんは、1913年(大正2年)に生まれ今年のお誕生日3月28日で満102歳、数えで103歳になられるんです。

篠田 桃紅さんは日本の美術家で映画監督の篠田正浩さんは従弟にあたるそうです。篠田桃紅さんのような芸術家は印税収入や作品が売れるなど収入があるでしょうが女性おひとりさまが長生きしたら、わずかな老後資金では底つきそうですね(笑)

自営業者副業で老後資金の備え

自営業者女性おひとりさまが副業でもなんでも高齢者になって自分の収入源をしっかり持つことは大切ですね!そこで将来の老後資金の構築に役立つ方法のひとつに在宅式ネットワークビジネスがあります。

在宅式ネットワークビジネスは自分の人脈に頼らなくても、ビジネスや商品に関心のある方々を全国から集客できるシステムがありますから無理なく継続できるし、本業の合間時間を有効に活用して在宅にいながらビジネス展開できるのでとても魅力です♪

 

老後資金を増やすための在宅ネットワークビジネス副業成功法↓

この記事のライター☆TAKAKO

 

 - 自営業者の副業に最適な在宅ビジネス , ,