元会社員の子育て主婦まゆみ、在宅ネットワークビジネスとの出会いと歩み

      2017/08/11

 

どうしてお母ちゃんは会社に行っちゃうの?
お母ちゃんに迎えに来てほしいのに・・・

5歳の息子の言葉に、打ちのめされました。

仕事と家庭の両立で苦悩し続けた日々・・・でも、会社を辞めて笑顔を取り戻したんです。

 

悩める働くママでしたが、自宅を職場にしちゃいました☆

1980年1月19日生まれ。同い年の夫と2人の子供(小5息子・小1娘)がいます。

正社員として情報システム部門でデータ処理やヘルプデスクの仕事を13年。

特に、ソフトの使い方やパソコントラブルの解決法を教えるヘルプデスクの仕事では、パソ コンスキルと人に伝える技術が鍛えられました。

 

パソコンが苦手なオジサマから、気難しいお局様まで、幅広く社内の人と接し、会社中に顔がきくようになって仕事しやすかったです。パソコントラブルだけに限らず、よくいろんな相談を受けました。シャイだったり、偏屈だったりしても、私には心を開いてくれる、という人もたくさんいたんですよ^^

 

人と話をすることはもともと大好きなので、コミュニケーションを楽しみながらできて、私にピッタリ合っていました。仕事自体にやりがいを感じていたし、働くママも多くて理解があり、有休も取りやすいし、何より人間関係に恵まれていて、とてもいい職場でした。

 

 

ただ、実家の母の手助けのおかげもあって、息子を保育園ではなく幼稚園に入れたことから、ずっとバリバリ働くつもりだった気持ちに変化が・・・。
年少の1年間は、娘の育休で私が家にいられたから良かったのですが、年中になると同時に職場復帰。そこからが、苦悩の始まりでした。

 

9割が専業主婦のお母さんである公立幼稚園で、他のお母さんたちと比べて母親として一緒にいられる時間が少なすぎることが辛かったのです。お迎えはたいてい私の母でしたし、自由参加の保育参加会は、短い時間で切り上げて会社に向かうこともよくありました。

 

息子は不満からか、気持ちが荒れた様子で、友達とのケンカが増えました。

「『うちのお母ちゃんが一番に帰っちゃった』」って●●くん、泣いてたよ」
「最近●●くん、声かけてもご機嫌ナナメな感じだよ」
「今日は●●、クラスで取っ組み合いのケンカしたんだって」

ママ友や私の母からそんな話を聞くのは、本当に辛かったです(´;ω;`)

 

もっと息子といてやりたい!
母親は、私なのに!
私はこんな母親になりたかったんじゃない(>o<)!

 

何度も胸が締め付けられるような、やりきれない思いを味わいました。
もちろん、実家の母に預けた娘に対しても、もっと一緒にいてやりたい気持ちは同じです。かわいい盛り、日々いろんなことが初めてできるようになる時期でしたからね。「初めて●●できた」とき一緒にいたのは私じゃなくて、私の母というのは胸が痛みました。

会社を辞めたくて仕方ない状態になりましたが、我が家の家計に私の収入は必須。辞めたいけど、辞めたら経済的にやっていけないと、ずいぶん悩みました。

 

 

だったら、在宅で収入を得られる道はないかと、ネットサーフィンの日々。運命的に【在宅ネットワークビジネス】に出会い、副業として始めました。

 

パソコンを使ってできる在宅ビジネスがいろいろあり、どれもこれも本当に信頼できるものか不安に思った中、
ビジネスの仕組みやマニュアル、フォロー体制がきちんとしていること、一切強引に勧められなかったこと、質問に対し誠実に答えてもらえたことが決め手となりました。

 

息子が小学生になったら、絶対に家にいてやりたい(>_<)

という思いを実現させ、会社を辞めました。
副業から始めた【在宅ネットワークビジネス】を本業にし、やりがいもあるし、温かいビジネス仲間もできて交流が楽しいです♪

 

そして、実は別のインターネットビジネスをやってみたことがあるのですが、そのときの半分の期間で倍以上の報酬を得られたことで、このビジネスに確信を持ち、ライフワークとすることを決めました。1つ1つ小さな成功を掴みながら前進しています。

 

 

ネットワークビジネスというのは、製品の良さやビジネスノウハウを人に伝え教えていくものです。
自分が親切に教えてもらったのと同じように、私も自分が紹介した方に親切丁寧に伝え教えることを心がけています。会社員時代に培った、パソコンスキル、教える・伝えるという経験は、このビジネスでも通じるものがあると日々感じています。フォローメールの丁寧さは誰にも負けません。

口コミネットワークビジネスを経験してきた方からは、「こんなにちゃんとフォローを受けられるのは初めて」なんて言われるんですよ。毎日のフォローメールが楽しくて、このインターネットを使ったビジネスは私の天職だと思っています。

成功するまで丁寧にしっかりフォローするのが私のポリシーです。

 

これが同じネットワークビジネスでも、口コミネットワークビジネスだったら、ちょっと友達や知り合いの勧誘のしかたを間違えると、嫌われてしまったり、セミナーやABCで休日が丸潰れ、家族との時間がないなんてことになって、たぶん私には続けることができなかったでしょう。

 

私にとっては初めて出会ったネットワークビジネスが、【在宅ネットワークビジネス】で、本当に良かったと思っています。

子育て中という私のライフスタイルにぴったりですから、子供たちの成長をそばで見守れて、幸せです(*^ー^*)

 

これイイネ!親子が幸せになれる在宅ネットワークビジネス!

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 

 - ライターたちのプロフィール