ネットワークビジネスで正しいMy年金の増やし方ご存知ですか?

   

老後の年金生活に向けて何か対策はされていますか?

私は、将来のことを考えてMy年金を増やすべく、在宅ネットワークビジネスをしています。これからの時代年金がきちんと支払われるのか、いくら貰えるのかとても不安ですよね。

 

ご存知でしたか?60歳で夫が定年退職をした後、65歳までの5年間は貯金や仕事がなければ収入は0円になります。60歳~65歳までの5年間は待期期間といって年金は支給されません。それで、予定より早く年金を受け取れる「繰り上げ受給」を考える主婦の方もいらっしゃるかもしれませんね。老齢基礎年金の繰り上げ受給とは65歳の支給開始年齢より早く年金を受け取ることです。一番早い年齢は60歳で、一生涯受け取ることができます。

 

でも、繰り上げ受給を考えるときは、デメリットを知った上で決めることが大切です。繰り上げ受給を請求すると、年金額は1ヶ月あたり0.5%減額になり、60歳到達月に手続すると老齢基礎年金は70%に減額され、取り消しや変更はできなくなります。減額された年金を終身受け取ることになり、100%に戻ることはありません。

 

繰り上げ請求後は、国民年金に任意加入ができなくなります。過去10年の未納分の国民年金保険料の後納制度も利用できなくなり、事後重症等による障害基礎年金も請求できなくなります。

そして、老齢基礎年金を繰り上げ受給をした後、ご主人が亡くなって遺族厚生年金の権利が発生しても、繰り上げ受給した老齢基礎年金と遺族厚生年金は65歳になるまでどちらも貰えなくなります。

 

繰り上げ受給の損得は寿命次第や生活スタイルなど人それぞれだと思いますが、生活ができないほどでなければ通常通りに受け取るのが無難ではないかと思います。

 

そもそも専業主婦の年金はどうなっているのか

 

第3号被保険者とはどんな仕組みなのでしょうか?

国民年金に加入する人(被保険者)は、第1号~第3号のグループに分けられています。第1号被保険者は自営業や無職の人、20歳以上の学生。第2号被保険者は、会社員や公務員などお勤めをしている人。第3号被保険者は第2号被保険者に扶養されている配偶者です。扶養されている人とは年収130万円未満の人です。

 

第3号被保険者には条件があります。20歳以上60歳未満という年齢制限があり、たとえば旦那様が会社で厚生年金加入者でも60歳以上の奥様は第3号被保険者にはなれないのです。19歳の奥様も第3号被保険者にはなれません。

 

第3号被保険者については、まだまだ誤解があるようで、「私の保険料は夫が払ってくれています。」と言う専業主婦の方が多いようですが、これは間違っています。第3号被保険者は、自分で国民年金の保険料を支払う必要はありません。しかし、旦那様が保険料を支払っているわけでもありません。妻がいても、居なくても夫の厚生年金保険料は同じですし、夫の会社が支払っているのでもありません。

 

第3号被保険者分は、第1号、第2号被保険者が支払う保険料により保証されています。夫が厚生年金保険に加入することで、扶養されている妻は第3号被保険者として国民年金に加入することができます。

 

第3号被保険者が優遇されている所は、保険料を負担していなくても老齢基礎年金を受け取れるという所です。もしも20歳で結婚して、60歳までずっとサラリーマンの奥様であったとしたら、65歳から満額の老齢基礎年金を受け取れます。

 

 

老後の生活費、ひと月の最低金額はいくらあればいいの?

 

日本は長寿大国になりました。平均寿命が男性は80.21歳、女性は86.61歳になり、どちらも過去最高を更新したそうです。サラリーマンの場合60歳で定年退職すると平均寿命が80歳なので20年間生活をしなくてはなりません。

 

厚生労働省が毎年発表している夫婦2人の年金額は、平成28年度月額(厚生年金の標準的な金額)221,504円だそうです。平成25年度の金額は1ヶ月あたり230,490円だったので、8,986円減額になっています。

老後の生活費や貯蓄に関して、20代~70代以上のアンケートによると

画像の説明 老後のひと月当たりの最低予想生活費・・・・・26万円

画像の説明 年金支給時に最低準備しておく貯蓄残高・・・・2103万円

という結果が出ています。あなたの老後は年金額だけで賄えそうですか?

 

50歳以上の方に届く「ねんきん定期便」には支給開始年齢と年金額が記載されています。その金額を見ると「少ない」と感じてしまいます。平成27年4月から40年間納めた方で、65歳から満額の老齢基礎年金の年金額は780,100円になるそうです。ひと月当たり65,008円の年金額になります。この金額では生活ができないですね。Σ(T□T)全くもらえないよりは良いと考えるべきなのでしょうが、、、旦那様が定年退職した後、専業主婦だった人が働きに出るケースは増えているようです。

 

私の友達も結婚して30数年専業主婦をしていましたが、今年の年賀状に「夫が定年退職したので働いています。」と書いてありました。彼女は娘さんが3人いて子供たちが大学に在籍していたときも専業主婦をしていたので、働きに出ることは無いと思っていましたが、1年前に家を建てたので働かなくてはいけなくなったのでしょうね。

 

それに、年金も減額になり、老齢厚生年金の支給開始年齢も段々遅くなっていきますので、年金をあてにしていられない世の中になってきています。ですから、将来のことを考えてもう一つの年金を準備する必要があります。

 

貧しい未来を迎えないために、第2の人生を健康でハッピーに暮らしていきたいという思いで、私はインターネットで集客するネットワークビジネスをしています。在宅ネットワークビジネスなので通勤時間は0分です。お化粧をしなくても、洋服を着替えなくても、普段着のままパソコンの前に座ればビジネスができます。コツコツ諦めずに続けることで必ず結果が出ます。ネットショッピングしかできなかった専業主婦の私が、今ではPCのスキルを徐々に上げながら全国各地の仲間たちと一緒にとっても楽しくビジネスをしています。権利収入もいただくことができて、本当に感謝です♪

 

自分のため、大切な人のため、未来のために、「My年金」を今から準備してみてはいかがですか?

 

My年金でhappyな人生を送るノウハウ無料公開中♪

 

 

 

 - ネットワークビジネスと年金 , ,