ネットワークビジネスとアフィリエイトの違いはコレ!似て非なる両者

      2017/08/10

ネットワークビジネスとアフィリエイトの違い、分かりますか?もしかして同じものだと思っていませんか?両者の違いをはっきり分かっている人は意外と少ないのかもしれません。
ネットワークビジネスをインターネットで展開していると、アフィリエイトと間違われることもあるんです。以前ブログに「アフィリエイトと一緒ですよね?」とコメントをいただきました。

 

ネットワークビジネスとアフィリエイトの決定的な違い

ネットワークビジネスとアフィリエイトが決定的に違う、大きなポイントは収入の種類です。似たようなものに見えても、収入が入ってくる仕組みが違います。

ネットワークビジネスは権利収入

ネットワークビジネスは、商品を売った売り上げの一部が自分の収入になり、自分の紹介者がさらに誰かに商品を売ればそれも収入になります。ある程度組織を作るところまで頑張れば、やがて自分が働かなくても、自分の組織のメンバーからの収入が得られるようになります。これが、権利収入です。

アフィリエイトは労働収入

アフィリエイトは、商品が売れたら収入となりますが、購入者がさらに誰かに商品を売っても、それが収入にとはなりません。常に売れそうな商品・商材を見つけて常に自分が誰かに売り続けなければ、収入は途絶えます。働き続ける必要があります。これが、労働収入です。

 

ネットワークビジネスとアフィリエイトの共通点

ネットワークビジネスとアフィリエイトの共通点としては次のことが挙げられます。

  • 商品を人に紹介し買ってもらうことで売り上げの一部が自分の収入になること
  • 在宅でインターネットを使ってできること
  • SEO対策が必要なこと
  • すぐに成果を出せるものではなく、コツコツ努力する必要があること

「在宅でインターネットを使ってできること」と「SEO対策が必要なこと」は、ネットワークビジネスをインターネットで展開する場合にのみ当てはまるものですが、これらの共通点があると、ネットワークビジネスとアフィリエイトを同じだと思ったり違いがよく分からなかったりするのも無理はないのかなと思います。

 

ネットワークビジネスとアフィリエイトの選択

ネットワークビジネスとアフィリエイト、違いと共通点が分かったところでどちらを選択するのが良いでしょう。
どちらも本業を持ちながら副業として取り組めるものです。でも、アフィリエイターの95%は月5000円も稼げないと言いますし、ネットワーカーも参加1年以内に1円も稼げず辞めていく人後を絶たない現実もあります。そんな中でももちろん、アフィリエイトやネットワークビジネスだけで生計を立てられるほど稼ぐ人はたくさんいますが、初心者がいきなり稼ぐのは難しいです。コツコツ努力して根気強く取り組む必要があります。

同じようにコツコツ努力が必要だったら、結果的に権利収入が得られるネットワークビジネスの方がいいなぁと私は思いますが、アフィリエイトが性に合っている人もいるでしょう。在宅ネットワーカーとしては、SEO対策等をネット上で親切に公開してくれている多くのアフィリエイターさんはありがたい存在でもあります^^

 

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 

 - ネットワークビジネスとは , ,