ネットワークビジネスは洗脳されると言われるワケ

      2017/08/10

洗脳と言うと犯罪報道で出てくることもあって何だか物騒な気もしますが、知恵袋にもネットワークビジネスで洗脳されてとか、ネットワークビジネスをしている人が自分を洗脳しようとしているようだとか、たくさん出ています。洗脳という言葉の意味は下記の通りです。

洗脳とは
精神的・物理的な圧力によって、相手の主義・思想を根本的に変えること。

ネットワークビジネスは洗脳される、なんて言われてしまうのには、次のような理由があるのです。

 

洗脳と言われる理由1:ネットワークビジネス開始で人が変わる!?

ネットワークビジネスを始めて、妄信的に製品や会社、アップやリーダーに惚れ込んで他のことに目がいかなくなってしまう人もいるようです。人の意見を一切聞き入れなくなり、時間もお金もすべてネットワークビジネスにつぎ込むようになってしまうことさえあります。会うたびに出てくる話はネットワークビジネスのことばかり、週末はいつもセミナーに出かけている、、そんな様子に対し「洗脳されている」という言葉があてはまってしまうのです。

洗脳と言われる理由2:セミナーの独特の雰囲気と演出

ネットワークビジネスセミナーの独特の雰囲気や演出を洗脳だと捉えるケースもよくあります。

会場の照明や音響効果をド派手にした中で、ステージに登場するネットワークビジネス成功者とされる人たちが感情を込めまくりで、時には涙まで流してビジネス成功秘話を語るのがよくあるパターンです。そして、会場にいる会員たちが大げさに拍手や感嘆の声を上げる様子も、洗脳というイメージにつながりやすいのではないでしょうか。

ただし、一般的に洗脳だと言われることもありがちなネットワークビジネスの特徴が、必ずしも悪いとは言えないと思います。そういう雰囲気が好きな人だっているでしょう。

ただ私はちょっと苦手です。私のネットワークビジネス仲間はもっと普通な感じの人たちが集まっていて、そんな私と波長が合うのでメールでのやりとりやスカイプでの会話がとても楽しいんですよ^^

 

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 - ネットワークビジネスとは , ,