ネットワークビジネスの仕組み流通と会社

      2017/08/11

ネットワークビジネスの流通の仕組みはメーカーから直接消費者に商品が渡ります。より高品質なものを消費者に提供することが出来るわけです。ネットワークビジネスの仕組みは、本来メーカーと消費者の間に介在する代理店業、中卸業、小売業、広告費などのマージンを研究費にあてたり消費者の反応がメーカーに伝わりやすいため、ニーズに合った商品開発ができるのです。

しかし、宣伝活動をしなければ消費者はその存在すら知ることが出来ませんから、そこで口コミ手法で流通することが用いられているのです。会員価格(卸売価格)で商品が直接購入ができ愛用者に正規の値段で小売すれば差額が報酬になります。会員を増やすと、その会員の購入額に応じて報酬が発生する仕組みです。

 

ネットワークビジネスの会社

ネットワークビジネスの会社は、広告宣伝費を必要としないため比較的、低資本で始められます。昨今、多くのネットワークビジネスの会社が設立していますが思うように売り上げが伸びなかったり運営がうまくいかず倒産したり撤退に追い込まれる会社も少なくありません。

誠実な堅実で素晴らしい会社もありますが、なかには意図的に立ち上げ時期に、お金を集めて数年で潰してしまおうという悪質なネットワークビジネス会社もありますから気をつけたいですね。

そしてネットワークビジネス会社は確かに新しい立ち上げ段階から参加したほうが有利なような気がする方もいるかと思いますが私は、ある程度の歴史と実績がある会社のほうが、安心してビジネスができるのではないかと思います。やはり歴史があり実績がある会社で10年、20年と継続しているほうが市場も製品を認めているのではないでしょうか。さらに会社の経営理念や経営者の姿勢も重要なポイントだと思います。

ディストリビューターの法律違反な活動や脱税で実刑判決とか社長が大麻で捕まるなどの経営陣やトップの不祥事が報道されたこともありますね。

このようにネットワークビジネスは自分の知り合いや友人にも、そのビジネスチャンスや製品の素晴らしさを伝えて喜ばれ収入にも繋がる魅力あるビジネスではありますが、どんなふうに誘われたとしても、「すぐに儲かる」「簡単に稼げる」「ラクしてできる」などという甘い考えは持たない方がいいですね。

なぜなら多くの人脈を持たれている方や口コミが得意な方は上手くいくと思います。しかし実際、身近な人を10人勧誘したとしても興味を持ってくれる人が何人いるでしょうか・・・精々1%か2%の確率ではないでしょうか。友人にいくら一生懸命、話しても思った通りに伝わらず、逆に怪しまれてしまう…

でもネットワークビジネスで成功したいと考える人は友人、知人でなくてもたくさんいるのです。そういう人たちで、成功したい人と思っている人達を集めれば可能性は大きく広がります。しかも私のような自営業者でも本業の合い間のわずかな時間を利用してマイペースに活動できるのでストレスフリーで楽しみながら出来ます。

将来の権利収入を構築することは今の時代必須だと思いますが、どうせなら自分にも人にも優しい方法で活動できたらいいですね♪

 

口コミ勧誘は苦手、人脈もない方がMLMで成功する方法

 

この記事のライターTAKAKO

 - ネットワークビジネスの仕組み , ,