ネットワークビジネスを制するのは女性

      2017/08/13

ネットワークビジネス女性に向いているビジネスだと思います。
女性はおしゃべり好きなので、ネットワーク(人と人とのコミュニケーション)は欠かせません。ダウンさんのフォローでも女性のきめ細やかさがとても大切です。

人に喜んでもらえることは、とてもうれしいことですが、そんな世話好きな女性がネットワークビジネスには向いているのでしょう♪

もちろん男性がネットワークビジネスに向いていないわけではなく、本業をしながら隙間時間を有効利用して頑張っておられます。

私も女性ですが、、
男の子3人に恵まれ子供のそばでしっかり「見守る子育てがしたい」という思いから13年間ぶっ通しの育児でした。

今も続いていますが^^子供が小さいころは1日家にいましたから、「子供と一緒に楽しめる事はどんなことだろう?」と考えて1日に1つは、なにか真新しいことを考えて子供と遊んでいました。子供が退屈しないように(間が持つように、、、笑)いろいろ工夫していましたよ。

春には、散歩をして摘んできたヨモギでお団子を作り、ヨモギの緑色が団子につくので興味深々!だったり

夏には、公園の砂場で土をカップに入れてひっくり返し、白い砂で「クリームの白」と表現し、お花や葉っぱでデコレーションケーキを作りました♪

秋の思い出は、、お月見のススキを取りに行ったときのことですが、、田舎道の耕運機に見とれてお兄ちゃんが用水路にストンっと落ちた上に、弟君もお兄ちゃんの上に落ちてしまい、弟君はお兄ちゃんがクッションになったので無事でしたが、お兄ちゃんは腕を骨折。。。

「●●くんが落ちてきた~~」とわんわん泣いて帰り、テンション下がりまくりで、ススキどころではなくなる始末。。お月見団子の用意もしていたのに残念、ということもありました。

冬は、いろんな形の型抜きクッキーをクチャクチャになりながら、作ったのが楽しかったです。

あ、食べることばかりあげてしまいましたが、、、、毎日お勉強も1時間して、それはそれで楽しかったのですが、、

でも少しだけでいいから、ママも「自分の時間」が欲しかったのです。子供との時間はもちろん大切にしますが、ちょっとだけでいいから「ママではない自分」に少しだけ戻りたいと、いいますか、、

今振り返ってみると、なにか自分を表現したい!と思い、「遣り甲斐のある何か」を見つけて、挑戦したかったのだと思います。

ママの時間があまりにも長すぎて(T_T)日々の生活に追われて、自分らしく生きることができていなかったのかも・・・と、ふと気づいたのでした。

まわりのママさんは上手くそれを発散させているように見えて、すごいな~と思ってみていましたが、なんせ私はぶきっちょだったので、身体も心も疲れてしまって(._.)子供に時々当たってしまう事もあり(._.)子供の寝顔を見て「ゴメンなさいっ」って反省することも多々ありましたが、今となってはその頃が懐かしいです ね。。

趣味はたくさんあるのですが、子供に支障がなくできる「意味のある事」がしたかったのだと思います。

以前から、SOHO「ソーホー」完全在宅ビジネスに憧れていて、お小遣い程度でも稼げたら、私の稼いだ自由になるお小遣いで子供におやつを買ってあげたり、自分へのご褒美に何か好きなものが買えたら、少しワクワクする( *´艸`)と思い、携帯のネットで毎日検索して「その何か」を探しはじめたのでした。

あやしい商材も多々あり、何をどう始めたらいいのかも分からず日々が過ていく中、そんな安全な信頼できるものはネット上で探すのは無理だと諦めかけた時、あるブログに目が留まったのです。

・・・何か違うぞっ

人の暖かさみ、そんなふわっと包まれるような安心感が伝わってくる様なブログでした。お仕事の内容もわからないまま、そのブログの記事を全て読み終え「やる」を、決意したのでした。ネットワークビジネスを進めていくやり方をきめ細かく伝えていくのって女性が得意な「お世話をする」ことだと思うのです。

パソコン、プリンタ、スカイプイヤホンをその日に買いに走り、メンターさんに心配されながらの参加でしたが、やはり間違いありませんでした。

その当時、子育てで疲れ果てて心も体もボロボロでしたが、遣り甲斐のある、その『何か』を見つけたおかげで、「ママではない自分」を取り戻せて、自分を見直すことができました。人と暖かくネット上で繋がっていて安心して取り組めることができて幸せに思います。

今頃ですがやっと「ママ」と「自分」を上手く使い分けることができるようになってきました(*´ω`)
私のような子育てママだけではなく介護で外に働きに行けない方や自営業をされている方が合間にできる副業としてお勧めしやすいビジネスっであることもとてもありがたいです。

もともネットワークビジネスは女性に向いていると言われていますが、活動が制限されている人には在宅ですべて完結する方法があっていると思います。

あなたはいつも通りの代り映えしない、「生活の為の仕事」を続けますか?

いやいや、せっかくの人生なんだから存分にやりたいことをして、あなたも、意味のある「自分らしく生きる人生」を生きることを選択してみませんか^^♪

 

私が「自分らしく生きる」ことができるようになった秘密公開!

 

この記事のライターは 夢を叶える愛♪

 

 - ネットワークビジネスとは ,