ネットワークビジネスの「システム」を使えば具体的にどうなるのか

      2017/09/04

ネットワークビジネスは権利収入を得られるシステムが魅力のビジネスです。まず「システム」とはどういう意味?ということから見ていきましょう。

システムとは、日本語にすれば「体系」「組織」「機構」「制度」「方式」というような意味です。さらに詳しく説明すれば、「複数で成り立っている物」「一つ一つの要素で作られた物」ということで、ネットワークなどの要素を組み合わせ、全体として何らかの機能を発揮するひとまとまりの仕組みだとか、個々の要素を組み合わせることによって実現される機能のことを表しています。

普段「システムエンジニア」とか「情報管理システム」という言葉をよく耳にしますが、改めて「システムってどういう意味?」と聞かれてもきちんと説明できないのではないでしょうか。

さて、ネットワークビジネスに関わらず、「システム」とは、ずばりその仕組みを導入さえすれば、 継続的な成果や、 目標とする結果に繋がるもののことです。

                                            

ベテランでなければ結果を出せないというのでは、 「システム化されている」とは言えません。ネットワークビジネスは会社によって口コミ展開するものもあれば、ネット展開のものもありますが、口コミの場合だと未経験者がいきなり営業をしなければならないので、まず始めにその壁にぶち当たってしまうかもしれません。それは会社勤めの営業マンも一緒ですね。

件数をこなしていって「お客さんが何を求めているのか?」「どんな悩みを抱えているのか?」がよくわかるようになり、それに対して「自社の商品やサービスでその悩みを解決してあげる方法」を的確に説明することができるようになります。このように、時間をかけてベテラン営業マンになるのです。

ネットワークビジネスの場合、会社の「システム」がしっかりしていれば、その仕組みに沿って口コミによる展開をしていけば結果は出るはずですが、やはり人脈の多さや社交的な性格かどうかという条件によって左右されるのはやむを得ません。

ネットワークビジネスでミリオネアになった方々はとても華やかなイメージですが、そこを目指して奮闘するか、そんなのは別世界のことと割り切る堅実派とに分かれるのではないでしょうか。

私のように、口コミ展開そのものを諦めて、地味かもしれないけれど精神的負担なくマイペースで活動できるネット展開という方法を選ぶ人はどんどん増えています。

ネットワークビジネスのシステム自体は、ドン・フェイラさんの本の題名にあるように、『2×2=6』になるという魅力的なシステムなのですが、実際はすぐに収入にならないので途中でやめてしまう方も多く、もったいないなぁと思うことがしばしばあります。

システムに沿って粘り強く取り組むことで成果や結果に繋がるビジネスなのに、途中で辞めてしまってはそこまでにかけた時間、お金、エネルギーが全て無駄になります。あと1ヶ月頑張ったら実を結んでいたかもしれないのに、、、、、

誰が取り組んでも成果が出るネットワークビジネスのシステムですが、そのメリットをきちんと理解し継続していけば、将来の不労所得も決して夢ではないということです。

在宅ネットワークビジネスのシステムで継続的な成果を出す方法

この記事のライターは 夢を叶える愛♪

  

 - ネットワークビジネスの仕組み , , ,