ネットワークビジネスの種類を一覧してみる

      2017/04/03

ネットワークビジネスの種類を一覧してみるのは、あるビジネスに参加しようかどうしようかと迷っている人にとって、無駄なことではありません。それどころか、自分が一体どんなものに参加しようとしているのか調べて理解し検討することはとても大事ですね!もちろん、賢い方々が時間をかけ、考えに考えて出来上がってきたビジネスシステムですから、さらっと一覧を見ただけで理解するのは難しくて当たり前・・・結局わけもわからず参加して、結果オーライならいいですがその反対に貴重なお金と時間を失ったというケースも多いのではないでしょうか。

 

ネットワークビジネスの種類を一覧にしてみた

 

たいていの人は、ネットワークビジネスと聞くと「ア●ウェイ?」など、自分が知っている会社名を言ってきます。(もちろんその後に、「ねずみ講みたいなやつでしょ。」と添えるのも忘れずに、、、)でも、ネットワークビジネスってそんなに単純なものではありません。ざっとその種類を分けて一覧にしてみると、

販売型 ⇔ 購買型

在庫型 ⇔ 自己消費分購入型

耐久消費財型 ⇔ リピート商品型

こうなります。これなら読んで字のごとくで、なんとなく内容もわかりますね。

一番注意しなければならないのは、営業の仕事をしたこともなく、やってみる自信もできそうな予感もない人が在庫型、販売型ビジネスを選ぶのは大変チャレンジングだということです。

 

そして収入になる仕組み=報酬プランもそれぞれ異なり、このような種類があります。

プラン名 ひとことで言うと メリット デメリット
ユニレベル 単純に自分がスポンサーしたラインからの報酬がもらえる わかりやすく初心者にも取り組みやすい 力のない人は大きな収入になりにくい
ブレイクアウェイ 一定のランクに達するとグループから独立する。全体の売り上げが大きくなるほどボーナス還元率も上がる グループが大きくなるほど収入は大きく安定する ボーナス獲得やランク維持の条件が厳しい
ハイブリッド 複数のプランを合わせたもの。ユニレベルとブレイクアウェイを組み合わせることが多い それぞれの良いところを合わせている プランが難解気味
マトリックス 自分が直接スポンサーする人の数(ダウンライン系列)が限定され、規定より多い場合は下位に組み込まれる。 力がなくてもアップラインからの応援がもらえる アップにも力がなかったら・・・?
バイナリー 自分の直下には2~3本のラインのみ設置できる 力がなくてもアップラインからの応援がもらえる 片伸びなどで思ったように収入が増えない

 

 

まずは資料請求、それから多少は報酬プランも知っておこう

 

正直に告白しますと、ネットワークビジネスの報酬だけで暮らしてきた私も、このような報酬プランの種類があるということ、そしてその内容がだいたいわかったのは参加して数年経って、誰かのサイトで一覧表を見てからでした。

 

こんなに種類があるのですから、「ネットワークビジネスってこういうもの!」と決めつけたりせずに、自分が今興味を持って参加を検討しているビジネスが、この中のどれにあたるのかくらいは知っておいた方がよさそうです。そのためにはまず資料請求して紹介者候補の方々からよくお話を聞いて、自分に合ったビジネスを選べるといいですね。

 

あ、ついうっかり「資料請求」と言いましたが、それは私のビジネス方法だけのことかもしれません。普通は「ビジネスについて知りたい」と言ったら直接会ってそこにもっと経験豊かな方が説明に来られたり、もしくはセミナーというものに連れて行かれるそうですね。そういう状況だと、もしもこれは自分に向いていないということが発覚しても、なかなか断りにくいかもしれません。

 

本当はディストリビューターのみんなが「自分のダウンを獲得したい!」というギラギラした欲望を抑えてニュートラルな姿勢で資料をお見せし、質問に答えてあげて、その人が自分らしく輝けるビジネスを選ぶお手伝いができたらいいなと思います。ビジネスの世界でそんな綺麗事を言わないでよ!と言われてしまうかな?でも私がこのビジネスを8年やってきてつくづく感じていることなのです。

 

私たちのやり方でも、資料をお見せした上で「今回は参加を見送らせていただきます。」というお断りメールをいただくこともよくあります。そりゃあ人間ですから少々ガッカリもしますが、そんな気持ちはグッとこらえて、「わかりました!私たちのビジネスにご興味をお持ちいただきましてありがとうございました^^●●様のご健康とご多幸を心からお祈りしています!」という気持ちのいいお別れをするよう心がけています。そうすればそんなガッカリは半日も続かず、即、前を向いて歩き出すことができるのです。

 

常に相手の立場に立つこと、自分の欲望を満足させるためではなく、このビジネスを必要とする人、長いスパンで考えることができて、堅実な目標に向かい希望を見失わずに毎日のコツコツ作業をナカマとともに楽しむことのできる人を探している、というのが私たちのネット集客です。

 

正直言うと、もともと全然知り合いではないから、断られても傷つくとか人間関係にヒビが入るということが全くないというところが、実にありがたい集客方法ということなんですけどね。

 

報酬プランの検討ばかりして決断を遅らせるのはナンセンス

 

ちょっと脱線しましたが、あるネットワークビジネスに興味を持ったら報酬プランを調べて検討しましょうと言っても、あまりに細かいところまで突っ込んで、「全部理解できたらビジネスに参加しよう」なんて考えるのはとんでもないことです。私のビジネスはいわゆるハイブリッドという種類になるそうなのですが、数年もその報酬で生活させていただきながら、いまだにダウンさんから報酬プランの細かいことを問いただされるとしどろもどろになります。逆に、数字に強いダウンさんに泣きつく有様です。

始めの頃は今よりもっとわかっていなかったので、報酬振込日には決まって、「わあ、思ったより多かったヽ(*´∀`)ノ」と喜びいっぱいでした。今はだいたい想像つきますが。(ちなみにこの8年間、ただの一度も報酬が遅配されたことはありません。計算が合ってるかどうかはチェックしたことはありませんが、明細書もきちんといただいています。)

 

報酬プランの検討ばかりしていて参加の決断を遅らせる人のことを表すことわざが

捕らぬ狸の皮算用

というんですね^^

「習うより慣れろ」「人間万事塞翁が馬」もしくは「諸行無常」なんて言葉がたくさん浮かんでくるのがこのビジネスです(笑・意味深ですね!)

 


 
この記事のライターはクミコ

 

 

 - ネットワークビジネスの報酬