シニア世代ビジネスに最適なネットワークビジネス

      2017/08/11

月刊ネットワークビジネス誌のある調査情報です。

ネットワークビジネスで活動している人の最多世代は?

・50代    25.1%

・40代    20.3%

・60代    20.2%

・70代    14.2%

50代以上の合計が全体の59.5%となり半数を占めているのには驚きました。そして日本の人口分布から考えても、高齢化社会ですし、今後ますます60代以上の割合が増えてくることが予想されるようです。

この世代の多くは男女共にまだまだ元気で働けますよね。体力も知力も壮年期と変わらず行動力も決して衰えていないという自負もあります。さまざまな人生経験が加わり壮年期より熟した「人間力」が備わっている人も少なくありません。

青年期に負けない意欲あるシニア世代の豊かな人生経験と社会の先輩としての人間力をネットワークビジネスで生かし豊かなライフスタイルを自分のものにしたいものですね。

シニア世代ビジネスでバラ色のリタイア人生に変える方法

シニアライフをあなたは年金だけで楽しくいきいき過ごせると思いますか?定年後、いくらあればゆとりある生活が送れるのか・・・1人当たりに必要な額(年金収入を含む)を聞いたところ「16万~20万円」「21万~30万円」と答える人が66%強を占めるようです。そしてシニアライフをいきいき過ごすには夫婦なら40万円ぐらいが必要のようです(*・ω・)

でも、実際に定年を迎えた後、その額を確保できると楽観している人はほとんどいないといいます。「現在の社会状況や自身の貯蓄計画を考えた時の老後」については、半数以上の人が「かなり不安」と回答、「多少不安」を合わせると、85%以上の人が不安を感じているようです。「まったく不安はない」という人は1%以下。

早いうちに経済的不安の解消と“バラ色のリタイア人生”を送るためにいきいきシニアライフを送るために私は老後の備えとして在宅副業を始めました。

シニア世代ビジネスでライフスタイルをエレガントリッチに変える方法

今あなたは、満足が得られるライフスタイルを送っていますか?
満足!という人であっても本人・家族・地域社会に起こる突発的な事故や病気によって、本人の希望に関わらず厳しくなる場合もあります。そして世界金融危機もそうですが、世界的な経済状況をみても今までの市場主義社会のいきずまりを感じている方も多いのではないでしょうか?

日本の一流メーカーでも巨額の赤字がでたりリストラが相次いだり、もはやこの時代、「安定」という二文字ほど信じられない言葉はないと感じます。明日には何が起こるかわからない中で、緻密な人生設計など、もはや意味がないものかもしれません。

「2つのものを掛け合わせること」を意味する「ハイブリッド」という言葉がありますがライフスタイルにもこの考え方を取り入れてライフスタイルを豊かにすることが出来たら嬉しいですね!つまり自分がこれまで多くの時間を割いている仕事や趣味と全く別のジャンルの分野に挑戦するということです。

シニア世代ビジネスで権利収入を得る秘訣

私は在宅で出来る副業を探しました。本業の傍ら、何かないだろうかとパソコンを検索している時に出会ったのがこの在宅型のネットワークビジネスです。そして今までの自分では考えられない分野にチャレンジすることでイキイキライフを手に入れライフスタイルを豊かにすることができればいいですよね。

私のハイブリッドスタイルは本業と在宅ネット副業です。在宅型のネットワークビジネスは自分の人生の幅を広げることにもなると思いますし自分が心からワクワクするスキルも身に付くと思います♪

そう考えて、この方法でネットワークビジネスをやってみようと決めた私は今、インターネットで出会う全国各地の仲間を増やしながら更なる目標に向かって充実した日々を過ごしています。

 

 

この記事のライターTAKAKO

 

 - ネットワークビジネスの種類 , , ,