夏休みの宿題、一年生の娘に付き合い奔走

      2017/08/10

子供たちの夏休みがスタートし、兄妹喧嘩をどやしつつ四六時中次の食事を考えてる気がする日々ですが、一年生の娘の宿題にもなかなかエネルギーを使ってます。なんせ小学校に入って初めての夏休み、宿題は当然一人じゃできないので母の私がガッツリ面倒を見るわけで・・・でも息子が一年生のときよりも大変な気がしてます。それはきっと四年の月日で私自身がちょっと年取ったからだけじゃないはずなのです。

 

夏休みの友、親の丸つけに物申しすぎる娘

昔で言う夏休みの友、いまは「夏の練習帳」ってタイトルですが、親が丸つけまでして提出なんですよね。終業式の日に友達と公民館の図書室で全ページ終わらせてきてしまった息子に負けじと、娘もはりきりました。最初の3日間、眠さの限界まで粘って。そのがんばりは褒めたいところですが、その日やったページの丸つけを母に強要するというスパルタぶりで参りました(´□`;)
「明日でもいいじゃん?」「ダメ!!今すぐやって(`Д´)!!!」てな感じです。

その上、間違ったところは赤ペンで×つけて直させようとしたら、「×つけないでよー!!!ちがってたら言って!!〇〇が直してから○にして!!」とブチ切れ号泣。昏々と丸つけの意味を諭してみるもまったく聞き入れず、ズルしてるみたいでよくないと思いつつも不本意ながら娘の要望を受け入れました。娘のギャーギャーに折れてしまう甘さが息子からも指摘されている私の母としての課題だったりします。家でのそんな横暴ぶりと裏腹に学校では友達に怒ることなく穏やかにしているそうで、そうやってバランス取ってるので一概に抑えるのも、、というのもありますが(^_^;)

 

 

夏休みのチャレンジ目標、よりによって3つも

子供たちの通う小学校は、夏休みにチャレンジすることを決めて取り組むことになっています。「毎日マラソンする」とか「25メートル泳げるようになる」とか「書き取り100ページ」とか自由にひとり1つやればいいんですが、娘と来たら何をそんなに欲張ったのか3つもやりたいと決めて、しかも全部私も一緒にがんばらなきゃいけないものでした。

・チョコバナナパフェを作る
まぁこれは、材料を買ってきて一緒に作るだけなので楽と言えば楽でした。
息子も一緒におやつに食べておいしかったし。
材料から作る工程、完成して食べるとこまで撮影した写真を印刷してやらねばです。

・友達と一緒に工作する
工作はいいけど、なぜか仲良しの友達と一緒にやる約束をしてきました。
幼稚園から良く知ってる子で親同士も仲がいいのでよかったのですが。
母同士相談して日程決めて、友達の家にお邪魔させてもらいました。
作ったのはビーズアクセサリーで、本に載ってる難しいのは私が作れと。
細かい作業が得意じゃない私にはハードル高かった~

・お母ちゃんと自転車で遠くに行く
これが一番「え~!!」ってなったチャレンジです。
計画時点でやめないか持ちかけたけどどうしてもやりたいとのことで決行。
息子も一緒に片道5キロのサイクリングしました。
走る子供たちを後ろから監督しつつ写真撮影してなかなか大変。
暑さ対策で朝6時出発にしたのも幸いし、無事ゴールして娘も大満足です。

 

終わってみれば、案外楽しかったしやってよかったなぁと思えるんですけどね。息子は毎年1つだけで(毎日近所をランニングとか、カレーを作ってみるとか)私がそんなに手をかけなくてもよかったので大変じゃなかったなぁと、振り返ってみて実感しました。

 

長い夏休み、まだまだ続きますが暑さもごはん作るのも大変ではありつつも(ほんと給食ってありがたいとしみじみする日々です)、楽しめることは楽しんでこれからもいい思い出を作りたいと思います♪

 

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 

 -  まゆみの部屋, ライターたちのつぶやき , , ,