ネットワークビジネス会社の営業停止処分に潜む問題点

      2017/08/11

残念なことに、ネットワークビジネス会社の営業停止処分はときどき発生しています。営業停止期間中は、ネットワークビジネスの新規勧誘や契約の申し込み受け付け、契約締結はできなくなります。その会社でビジネスをしている会員は自分のグループに新会員を増やせませんし、営業停止処分を受けて退会する人も出てくる恐れがあり、大打撃でしょう。

さらに、ネットワークビジネス業界全体にも影響が。。。もともと認知度が低く、よく知らないままマイナスイメージが浸透してしまっているネットワークビジネスですから、営業停止処分が発生するとさらにイメージダウンになるのは避けられないでしょう。営業停止処分を受けたのが大手ネットワークビジネス会社だったら、なおさら影響は大きいと思います。

 

ネットワークビジネス会社が営業停止処分される理由

 

 

ネットワークビジネス会社が消費者庁から営業停止処分をされる理由は、十中八九がネットワークビジネスを規制する法律である特定商取引法の違反です。最近営業停止処分を受けた会社もそうでした。

具体的には次の違反事項です。

  • 勧誘目的等不明示
    ネットワークビジネスの勧誘とは告げずに誘い出して勧誘すること
    いわゆる「ブラインド勧誘」
  • 商品の効能に関する不実告知
    この商品で病気が治る等の事実と異なることを告げること
  • 重要事項不告知
    クーリングオフや解約について等の重要事項を告げないこと
  • 特定利益に関する不実告知
    誰でも必ず儲かる」等、ネットワークビジネスの報酬について
    事実と異なることを告げること
  • 公衆の出入りしない場所での勧誘
    事業者の事務所、個人の住居、ホテルの部屋や会議室、公共施設等の会議室、
    カラオケボックス、貸し切り状態の飲食店等、不特定多数の一般人が自由に
    出入りしない場所で勧誘すること
  • 迷惑勧誘
    長時間の拘束、繰り返ししつこく勧める等、契約の締結について迷惑を
    覚えさせる方法で勧誘すること

 

ダウンさんの中には、こうした違法勧誘に遭って嫌な思いをした経験のある方がいて、同級生から久々に食事に誘われて楽しみに行ってみたらネットワークビジネスの勧誘でがっかりしたという話や、密室でネットワークビジネスの勧誘を実際にされて怖かったという話を聞いたことがあります。

 

営業停止処分を受けるような違反行為が生まれる理由

営業停止処分を受けるような違反行為をしてしまうネットワーカーは、どうしてそんな行為に走るのか、、そこには理由があるはずです。

「稼ぎたい」という気持ちばかりでネットワークビジネスに取り組んでいる

これが一番根っこにあるのではないかと私は思います。その上で、直接の具体的な事情には、ネットワークビジネスによくある次のような問題が潜んでいるでしょう。

大量に買い込んだ在庫
タイトルや資格維持のためにやむを得ず大量買い込みし、なんとか売りさばこうと必死になる

アップからの執拗なプレッシャー
「とにかく紹介者を出せ」などという電話やメールが 毎日のようにアップから来て追い詰められる
ネットワークビジネス業界全体で、違法行為をなくそうという動きは活発で、各社がコンプライアンス強化に努めてはいますが、まだまだ不十分のようです。結果、違法行為をする会員が後を絶たず営業停止処分も出ています。

 

私もネットワークビジネスに取り組む一人として、違法行為で営業停止処分が起きるような事態は、とても残念です。

ネットワークビジネスをする上で、法律を遵守するのは当然の義務であり、人に迷惑をかけるような行為を決してしないのは、一人の人間として常識だと思います。ネットワークビジネスは、自分が本当に良いと思える製品を愛用しながら、製品の良さやビジネスのやりかたを人から人へと伝えていくものです。人を大事にしてこそ、簡単には崩れない組織を作ることができ、安定した収入にもつながります。

この本来のネットワークビジネスの良さをきちんと活かして活動できる環境に自分がいられることを幸運に思いつつ、これからも誠実にビジネス展開をしていくのが私の進む道です。

ネットワークビジネスをするなら、自分がきちんと法とモラルを守るのはもちろん、法律遵守で人に迷惑をかけずに安心して取り組める環境の会社・グループを選ぶことも必要だと私は思います。

 

 

この記事のライター:子育て主婦まゆみ

 

 - ネットワークビジネスの法律 , , ,