専業主婦が通勤時間0分でできるビジネス始めました♪

      2017/10/24

 

専業主婦が通勤時間0分でできるビジネス始めました♪

子育てがひとまず終わった時、さぁ~これから私の時間!さて何をしようかな?なんて思ってちょっとワクワクしたのもつかの間、私は専業主婦なので気兼ねなく使えるお小遣いなんてわずか・・・ということに気づきました。(;´・ω・)

でも今は、毎日の節約生活からの脱出を可能にし、趣味やドライブなどを楽しみながらできるこのビジネスに出会えたことに感謝しています。

 

はじめまして(^^♪

臼井 由美子 (うすい ゆみこ)と申します。

今は、夫とトイプードルのミントと3人で青森県ののんびりとした片田舎で暮らしています。結婚して30年あまり、数年間のアルバイトや、パートをしたこともありますが、基本的に専業主婦をしてきました。2人の息子と、可愛いお嫁さんと目に入れても痛くない孫がいます。家族が増えていくことはとてもうれしいです。県外にいる彼らと年に数回会うことが今一番の楽しみです。

私の生まれたところは、山や川に囲まれ、自転車で15分くらい走れば海にも行くことができる絶好の自然環境に恵まれていました。毎日友達と暗くなるまで外で遊んだことを今でもよく覚えています。小さな集落だったので近所に知らない人はいません。村の人みんなが子供たちを見守って育ててくれたように思います。

 

そんな私は10歳の時突然父を亡くしました。
朝、仕事に出かけた父は仕事場の火事で40歳という若さで亡くなってしまいました。
その時私は、あまりにも突然すぎて父の死を受け入れることができませんでした。
父が亡くなったとき、母も40歳でした、高校生の兄を先頭に姉、私、お姑さんの生活が母の肩にのしかかり、兼業農家で田んぼや畑の仕事をしながら生活費を稼いでいたので朝早くから夜遅くまで働いていました、小さいながらに「お母さんはいつ寝ているんだろう?」と思っていました。

父が亡くなって一年が過ぎた頃、遊んでいた私に母がいきなり「お前はいらない子だったんだ、流産しようとして高いところから飛んでみたりしたけどだめだったんだ」と言われました。小学生の私はどうしたらいいのか?何がどうなってしまったのか?世界がひっくり返ってしまったようで訳が分かりませんでした。でも段々理解できるようになると、母の事を大っ嫌いになり、話をしなくなり、笑わなくなり、母に対してのささやかな抵抗が始まったのでした。「早く大きくなってこんな家を出て一人で生きていくんだ。」と、あの頃は本気で思ってました。

しかし子供を育て上げ、50歳を超えた今では母の気持ちも分かるようになりました。夫婦2人でも子供を育てることは大変な事です。なのに母は1人で子供3人とおばあちゃんを養っていかなければなくなったのですから、並大抵な苦労ではなかったはず、と思います。父が亡くなって、気持ちにも経済的にも余裕が無くなり、身も心もボロボロになりかけて思わず口に出てしまったのではないかと、今では理解し許せるようになりました。

私とネットワークビジネスとの出会い

今年86歳になる母はとても健康で、いまだに畑仕事をしていますし、ツアーで旅行に出かけたり、コンサートやお買い物と自分の好きなことを好きな時にしています。そんなことができるのはもちろん経済的に余裕があるからです。母は国民年金の他にも頂ける年金があるので何不自由なく暮らすことができているのです。

それは「労災年金」です。父が亡くなったとき務めていた会社の社長さんが「生前、●●さんに幾度となく助けられたし,お世話になったから」という事で労災年金が出るように保険事務所に掛け合ってくれたのです。労災年金は決まりごとが細かくてすぐには認定されず、母がもらえるようになったのは私が社会人になってからでしたので父の死から8~10年はかかったと思います。

 

母にそのころの気持ちを聞いてみたら、「一人で子供を育て上げなければという責任と毎日を食べていくのがや精いっぱいで必死だった」とのことでした。さらに母は「今思えば若い時の苦労は大した事ではなかった。だけど歳を取ってからの苦労は体にも気持ちにもこたえる」と言います。

母の知人やお友達も息子夫婦や娘夫婦と暮らしている人も多く、「お世話になっているから」と少ない年金からお金を出したり、持病の治療費など必要な分を取ってしまうと、自由に使えるお金はほとんどないといいます。

そういう話を聞くと、私も将来年金生活になったとき少しでもゆとりある暮らしができるように、今から準備が必要だと本気で思いました。

そして今、私はネットワークビジネスをしています。以前口コミで展開するネットワークビジネスで挫折したとき、「もう2度とネットワークビジネスはしない」と思っていたのですが、、、「何か家でできるいい仕事がないかしら?」と毎日パソコンで情報を探していたら、たまたま目に留まったのが、あるネットワークビジネスのサイトでした。そしてそれは、私が知っていたネットワークビジネスとは全く違うビジネスのような集客方法を採っていました。

完全在宅でビジネスができる。
家事や育児、介護などの隙間時間に作業すればいい。
友人知人に声をかけなくてもいい。
セミナーに行かなくてもいい。
在庫がいらない。
パソコンだけでできる。

 

私はこの「在宅ネットワークビジネス」に出会えて本当に良かったと心から思っています。
趣味のガーデニングや家庭菜園を楽しみ、ゆっくりと手の込んだ料理をし、夫や友達と旅行に出かけ・・・と好きなことをしながら収入を得ることができるからです。

パソコンでビジネスというと、一人ぼっちで黙々とする孤独な作業と思われがちですが、それどころか全国各地の仲間ができて、毎日のメールはもちろん、スカイプで話せば距離は全く気になりません。簡単に収入になるほど甘いものではありませんが、少しの努力と工夫でコツコツと続けていけば、必ず結果は出ます。頑張り次第では年金のような収入を得ることができるようになります。

 

時間にも経済的にも余裕があると、気持ちにも余裕がでて家族にも優しく接することができるようになる、というのが主婦にとっては最大の収穫かもしれません。(#^.^#)

 

パソコン1つで成功!新形態ネットワークビジネスの秘密を公開中(^^♪

 

 

 - ライターたちのプロフィール , , ,