パソコン活用自営業者が在宅ワークでリッチエレガントに

   

家にいる時間で、とにかく収入を得たい!と考えパソコンを活用して在宅ワークに取り組む主婦の方や女性が増えています。在宅ワークわたしのような自営業者が本業の合い間、また女性が子育てや家事のあい間を有効に使って収入を得られる点が大きな魅力です。それは内職のようなものではなく、パソコンを用いたデスクワークが主流の仕事です。

 

在宅ワークの落とし穴

在宅ワークの仕事で多いのが「未経験歓迎」を掲げている「ライティング」はインターネットの普及によって年々増加しています。ライティングとは文章を書く仕事で、この仕事をする人を「ライター」とも呼びますがWebサイトのコンテンツから書籍、雑誌、又は企業の発刊物に至るまで、様々なものがあります。未経験でも始められ人気のある在宅ワークですが実は、そこには大きな落とし穴があるようです。

Webコンテンツの記事作成などは1文字0.5円を切るような仕事が多く実際の報酬を考えてみると400文字の文章作成の場合200円ということになります。益してやブログのように好き勝手に書くのではなく、依頼元の要望(テーマや構成、挿入キーワードなど)に沿った文章でテーマ・内容によってはインターネットや本などで情報を調べることも必要です。

依頼側が、「時給換算で○○円程度です」と募集情報に記載していることもありますが、そのほとんどは、実の伴わない見せかけの数字だということもあります。家から一歩も出る必要もないですから、非常に手軽で魅力的な仕事ですがこれはデータ入力や電話対応など、その他の在宅ワークにも共通して言えるようです。

本業の合い間や家事、育児の空き時間とはいえ女性が貴重な自分の時間を割いて仕事をする以上、そこには見合うだけの報酬をもらいたいと思いませんか?

在宅ワークとして出来る在宅型ネットワークビジネス

私は本業のあい間に在宅ワークに取り組んでいますが私のしている在宅ワークはネットビジネスとネットワークビジネスを組み合わせ、主にパソコン1台あれば自宅でも、出先でも、海外にいても、何処にいても出来ます。

しかし、ネットワークビジネスは即金に繋がりません。ベースが出来るまでは労働時間にそった収入は得られませんが、こつこつ続けることで将来長期的にみれば年金や印税のような権利収入をじわじわと増やすことができます。

在宅ワークでパソコンがあればできる在宅型ネットワークビジネスは実績に裏付けられた誠実な集客方法で、わかりやすいマニュアルが整っており、しかも親切丁寧なフォローを受けることができるので権利収入源の構築に成功する可能性が高いのです。

もちろん、どんなに素晴らしいノウハウがあっても、実践した人の全員が結果を出せるかというと、そうではありません。実際にビジネスに使える時間や取り組む姿勢、将来のビジョンによっても違ってきます。チャンスは平等ですが、努力の量で差が出ます。つまり裏返せば、情熱と努力、時間をかければ、ネットのプロでなくてもリッチエレガントに成功できるということです。

まずは、どんなビジネスか詳細を知る前に、このサイトでは在宅ネットワークビジネスの成功法を無料メールセミナーでご案内しています。

この記事のライター☆TAKAKO

 

 

 - 自営業者の副業に最適な在宅ビジネス , , ,