友達を勧誘して嫌われる心配のない安心の在宅ネットワークビジネスであなたが成功するまであたたかくフォローします

勧誘しないネットワークビジネスを ラベンダーグループで楽しもう♪

ネットワークビジネスで丸見えになるあなたの心

2018/01/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前の記事で、「仲間を増やしてビジネス展開する」ネット集客をしている私が、なぜ自分のビジネスをガンガンお勧めしないのかという理由を3つ挙げました。今日は最初のひとつについてお話ししてみます。

「才能(能力)もある程度必要だが、それ以上に『心の持ち方』が影響しやすい」

このビジネスに必要な才能をはっきりさせておきましょう。ネットワークビジネスは、口コミでもネットビジネスでも、大きく分けて2つの仕事があります。自分の仲間を増やすための作業と、仲間になってくれた人たちへのフォローです。両方に共通して必要な能力をムリして3つにまとめます。

1.文章作成能力

2.文章と言葉で丁寧に伝えることのできるコミュニケーション能力

3.自己中心の海に浸り切らず、相手を思いやることのできる能力

この3つの中のどれかひとつが欠けてもネットビジネスに成功してしまう人もいます。もちろん、「成功」という言葉の意味するものは人それぞれですから、「いくらお金持ちになったって、人に恨まれたり嫌われたりしたのでは寂しい『成功』ですね」なんて言ったところで、「ほっとけ!」と怒られてしまいます。価値観の違う人のことはほっときましょう。

 

さて、私が言いたいのは、上記3つの当たり前に必要とされる能力を持つ人が、自分のビジネス仲間を増やそうとして一生懸命ブログ記事を書いたとき、読者に伝わるのはビジネスの可能性だけではないということです。短いブログ記事でビジネスの概要をお伝えすることは不可能なので、別途ご用意した資料を見ていただくことを促すためのブログ記事なのですが、なにしろインターネットが広まると同時に、様々な儲け話もそれこそ泡のように浮かんでは消え、浮かんでは消えてきたのが現実です。見ず知らずの偶然の読者さんに私たちを信用してもらうというのは簡単なことではありません。

 

と書きましたが実は意外と簡単です。あなたが本当に信用できる人なら、信用してくれる人は必ず現れます。「わたしって信用できる人間かしら?」といちど胸に手を当てて考えてみてください。もちろん、いくら考えても他人が自分をどう思っているかなんてわかりません。よほど親しい人に聞いてみないと、誰も本心を明かしてはくれないでしょうし。

 

それではどうしたら自分が信用できる人間かどうかが少しでもわかるかと言いますと、邪魔の入らない時間に静かな場所で、座って目を閉じて自分の心の中を覗いてみることです。今流行りの「マインドフルネス瞑想」でもいいですね。そこで、自分が人に何かを伝えようとして使っている言葉と、自分のほんとうの心に食い違いはないかと調べてみるのです。

 

既に何らかのネットビジネスに取り組んでいる人でしたら、本当はただ「自分が稼ぎたい、儲かりたい、贅沢したい」と思ってやっているだけなのに、言葉だけは「あなたにとっていい儲け話です。参加しなければ損です!」と受け取られる発言をしていないか。もしくは自分自身がまだこのビジネスで成功できるかどうか「不安」なだけならまだしも、完全に疑っているのに、人にだけ「こんないいビジネスは他にありません、これが一番です!」と言っていないか?

 

非常に単純に説明しましたので、「そんなこたぁないよ!」と思われるかもしれませんが、ネットビジネスで「言葉」を駆使している方々は、ぜひ一度ご自分の心の中をじっくり覗いてみることをお勧めします。なぜって、文章ってものにはどうしてもその人の心が表れてしまい、読者さんというのはかなり敏感なものだからです。そして、特にネットワークビジネスでは、「人はビジネスを求めているのではなく、『人』を求めている」ものだからです。さらに、本心と違う言葉を常に使うということはとても苦しいことだからです。

 

以上書いたことが、わたしがそう簡単に誰にでもこのネットビジネスを強くお勧めしない理由の一番目です。つまり、ただ「稼ぎたい!お金ほしい!」だけ、本当にそれだけでこのビジネスをしてもなかなか成功できないので、大抵は参加してから「心構えの変更」が余儀なくされていくわけですが、そういうことに対して心が柔軟な人をお迎えしたいわけなのです。

 

つづく

 

こんなことをつぶやいている私のビジネスにご興味をお持ちの方は
サイドバーの「ライター一覧」の中の気になる人をクリック!してみてネ(*´∀`)ノ

 
この記事のライターはクミコ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.