きわめびとがシニア開業ではまる退職金の落とし穴

   

「子供が独立したら趣味のお店を持ちたい」とセカンドライフの夢を膨らませるシニアの方が増えているそうですが、もし失敗すると退職金などの大切な老後マネーを無くしてしまうかもしれません(゜.゜)大事な退職金を無くさない為にも慎重にしなければなりませんね。

実は、私も8年間イタリアンレストランのプロのシェフに料理を習っていました。色々お料理を覚えていくうちに、趣味を生かしてカフェをやってみたいと思うようになりました。。。しかし私は専業主婦なので開業できる資金はあるはずもなくお料理は趣味程度に家族や友達に食べてもらうことにして、今は、開業資金も主婦の小遣い程度で始められるビジネスをしています。そのことはまた後でお話しますね(*^▽^*)

【シニア】それも男性の方に多いそうですが、歳をとるとそば打ちにはまるそうです。他にも定年後喫茶店やパン屋さんなどを開いたという人もいるそうで、パン屋さんもお蕎麦屋さんも手軽に職人感が出せるのが良くて、定食屋さんなどに比べるとハードルが低くて手が出やすいのが人気の理由みたいですね。それに定年をしたからと言って隠居をするのではなく主役として活躍していたいという男性の願いがあるようです。

実際、定年退職してシニア開業をするというケースは毎年数えきれないくらいあります。しかし1年後も継続しているお店は10%以下です。つまり、シニア開業の90%以上は1年以内につぶれてしまっています。

退職金をつぎ込んだ挙句に莫大な借金を作ってしまって老後の生活プランが吹き飛んでしまうなんてこともありえます。もし旦那様が定年退職後「趣味を生かして開業をしたい」と言われたらどうしますか?

でも、開業をしている10%以下の人が成功しています。成功している人はどうしてお店を続けているのか興味ありますよね(^-^)

NHKの金曜日「ごごナマ」という番組に出ていらっしゃるファイナンシャルプランナーの安田まゆみさんがおっしゃるには”身の丈”が大事だそうです。あこがれのお店を開く場合、「失敗できないからこそ無理しないことが大事」なんだそうです。

具体的には次の3つのポイントが大事です。
① 店舗は自宅と兼用にする。
② 従業員は自分1人でする。
③ 集客は最小限に。

静岡県でそば店を営む66歳の男性は趣味を生かして”身の丈”開業をしています。お店にかける費用を抑えて厳選した素材を使ったこだわりのお蕎麦を提供してお客さんに来ていただけるようになったそうです。お店以外にもそば栽培やそば打ち教室などをして、日々充実させているという事でした。

しかし、家族の協力や奥様の理解がないと旦那様一人の力では中々上手くはいかないと思います。事実、静岡県でお蕎麦屋さんを開いている66歳の男性も開業をしたときは、奥さんがフルタイムで働いていたので「もし失敗しても生活ができる安心感があった」と言っていますし奥さんも応援してくれたそうです。やはり、奥様が自立していると旦那様は安心してセカンドライフの夢をかなえることができるんですね(^v^)

でも、「専業主婦で自立できていないし」、「これからフルタイムのお仕事は不安だし」「旦那様の退職金を老後資金にするしかない」って思っている人も、在宅で家事の合間にできるお仕事があります。男性にも老後の生きがいとなり、夢をかなえるセカンドライフがあるように、奥さんにも色々叶えたい夢がありますよね。フルタイムで働いている奥様ほど収入がなくても小遣い程度の収入があれば気兼ねなくお友達とお食事に行けたり、定年退職した旦那様とゆっくり旅行に出かけることもできます。

最初にお話しをしていたと思うのですが、主婦のお小遣い程度の資金でビジネスをはじめられるというのは、在宅ネットワークビジネスです。

主婦の方は家事の合間のホンの隙間時間に、会社勤めの方は副業として、子育て中のママは子供が幼稚園や学校に行っている間に、自分のペースでビジネスを進めていくことができます。

パソコンとインターネットに繋がっていれば誰でも簡単に始めることができます。ですが、少しの努力と工夫が必要です。このビジネスは始めたらすぐに稼げるというビジネスではないので、すぐにお金が欲しいという方は他を探した方がよろしいかと思います。

専業主婦でも旦那様が退職する前に収入源を確保できていれば年金を貰うまでの間も少しは家計の足しにできたり、自分のお小遣いに使えたりできますし、気持ちにも余裕ができますね。

今、会社でバリバリ働いている方でも副業があれば退職した後で急いで再就職を探さなくても、自分がやりたいことをじっくり探すことができます。

私は、このビジネスをしてよかったと思っていることは、仲間ができたことそれも全国各地に、、、この仕事をしなければ会うことができないような方たちとスカイプというインターネット無料電話でお話ができたり、良い製品に出会えてそれを愛用しながらビジネスを継続して、権利収入を得るために『仲間』が心の支えになり、大きな助けになっています。それに今年の冬はとても寒いですね(-_-;)そんな時でも自宅でビジネスができるなんてとても贅沢です。

あなたはセカンドライフで叶えたい夢ありますか?収入源を増やしてこれからのセカンドライフを豊かな人生にしませんか?

 

専業主婦もパソコン1つで家事の合間に「自立」しちゃいましょ♪

 

 

 -  ゆみこの部屋 , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.