お金がほしい!だけではできない特殊なネットワークビジネス

      2018/01/23

前回の記事では、ネットワークビジネスにはある程度の能力も必要だけれど、それ以上に「心の持ち方」が大切だということをお話ししました。人と人との繋がりを作っていくのがメインの仕事なので、相手を大切にとか思いやりを持ってとかいうのは、ビジネス以前の人間性の問題であって、私が言うのは今日のテーマにつながってくる、「人生とは何か」というような根本的なマインドについてです。

最初の記事で挙げた
すぐにたくさん稼ぎたい!という金銭欲の激しい方には向かないビジネスである
という論旨は、ネットワークビジネスの現実とは矛盾していると思われる方が多いと思います。実際にはお金に対する執着心の強い方ほどそれなりの努力もしますから、成功する確率は高いと言えるでしょう。でもそれは一部の現実であって、実は私は噂でしか知らない世界です。噂を漏れ聞いただけで、決してその扉の近くにも行きたくないなあと感じてしまう波長の違う世界のことなので、実は私のようなものに「ネットワークビジネスとはどうこう」なんて言う資格はないのです。私がしているのは、一応ネットワークビジネスという業種にはなりますが、口コミやセミナーやABCという専門用語が飛び交うものとは全く違うシロモノと言ってもよいものです。どちらかというとアフィリエイトの方に近いと思います。

 

私はこの特殊な『在宅ネットワークビジネス』に、かれこれ9年携わってきましたが、その中で色々な局面にぶちあたりながらも、在宅でいただける収入としては充分すぎる額をいただいて来ました。今は事情があって活動量を激減させましたので一時期よりは収入も減りましたが、それでもほとんど何もしていないのに必要な生活費が毎月振り込まれて来るのですから、ネットワークビジネスの権利収入というのは本当にすごい、としみじみ感謝しています。色々あった9年、月並みですが「あの時始めてよかった」というのが実感であるのは事実です。

 

そんな私の感想ですが、「人生とはより多くお金を稼いで、より快適に、できれば富豪のように贅沢して暮らせれば最高というものだ。貧乏で終わる人生は負け犬以外の何物でもない」もしくは「ネットワークビジネスで成功してトップに立ち続けたい。ダウンはそのための足台である」という考えの人がリーダーならば、私はそんなビジネスには参加しないし、途中で分かったなら辞めてハローワークに行きます。

 

結論を言いますと、「一般のネットワークビジネスなら金銭欲の激しい人ほど成功する」(ただしお金を稼ぐという目的に関してのみの成功であって、人生のその他の部分についてはわかりません)、しかし「ラベンダーグループがしている特殊なネットワークビジネスなら、金銭欲の激しい人ほど違和感を感じていつの間にか姿を消す確率が高い」と言えます。実際、私が紹介した方々でも「どうしても稼がなければ」という思いの強い人たちは離れて行きました。でも離れて労働収入に切り替えたならともかく、相変わらず一攫千金・不労所得を求めて他のビジネスに乗り換えた方々が、皆さん願いを叶えられたかどうかは疑問です。

 

一言で言ってしまうと、これは「魔法のように簡単に儲かるうまい話ではない」ということ。かといって高度な技術が必要だとか、カリスマ性がないと人が集まって来ないとかいう意味では全然、ありません。必要なのは自分がしているビジネスについてよく理解した上で、それを人さまに伝える際の誠実さだけです。製品を紹介する仕事なのだから、まず自分が自社の製品を欠かせないと思うほどのファンであることは必須。そうなれないのであればさっさと諦めて撤退するべきです。

 

しかしそうは言っても、熱い想いもしくは穏やかな笑顔だけでは、ビジネスとしては成り立たないのは当然です。自分のその誠実な思いをいかにして多くの人に伝えるか、という課題は毎日ついてまわります。そこで私たちは新人さんにはブログの書き方だのSEO対策だのというマニュアル的なフォローを一生懸命いたします。その際、ただネット上で手広くガンガン宣伝すればいいというものではないということも必ずお伝えして、納得した人たちの集まりがラベンダーグループなのです。

 

つづく

 

この記事を読んで私の特殊なネットワークビジネスに興味を持たれた方は

サイドメニューの「ライター一覧」から気になる人をクリックしてみてネ(*´∀`)ノ

この記事のライターはクミコ

 

 -  クミコの部屋, ネットワークビジネスラベンダーグループ, 未分類 , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.