友達を勧誘して嫌われる心配のない安心の在宅ネットワークビジネスであなたが成功するまであたたかくフォローします

勧誘しないネットワークビジネスを ラベンダーグループで楽しもう♪

ネットワークビジネスで主婦が副業する時代

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ネットワークビジネスで副業を成功させよう

 

近年ではニュースなどでも副業という言葉を聞くようになり身近に副業をする人が増えています。主婦といえども一つのパートや職場だけでは生活を支えるのに不安を抱き、副業を始めることを考えなくてはならない状況が増えています。その背景には最近問題になっている労働基準法などがあげられます。本来は労働者を考えての法律だとは思いますがそれに真面目に従っていては満足した生活がおくれないこともあります。

 

副業とはいえ時間を使うわけですが労働時間に対しての賃金というわけでなく、空いている時間にできるネットワークビジネスを副業として始める主婦が増えています。ネットワークビジネスは労働という感じはなく、好きなものを好きな人に進めてネットワークを築いてゆくというイメージになります。ですから労働の時間を気にしなくてもできる副業といえます。ネットワークビジネスは個人事業という業種になりますが、主婦でも始めやすい副業といえます。小資本といっても気に入ったものを購入するだけでできるということも魅力のひとつだと言えます。

 

労働基準法の中に「全ての労働者の労働時間が法律で定められている上限を超えないように勤怠管理を徹底しましょう」とあります。原則、1日8時間、1週間40時間が上限とされています。1日の労働が6時間を超える場合は、45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を使用者は労働者に与えなければなりません(労働基準法第四章)、とありますが、パートで働いている場合、雇用保険に入らないという設定の会社では1か月120時間を超えると無理にでも休みを取ったりして調整します。

 

ご主人の扶養の範囲で働くということでは問題はないのですが、国民健康保険世帯や自営業の主婦にとっては副業が必須になってきます。なぜかというと収入源はいくつか持っていた方が安心できるからです。ご主人の仕事も絶対的な保証があるわけではありません。ですから主婦も副業していくつもの収入源を持つ必要があります。

 

しかし、主婦とはいえかなり個人差もあり副業が今すぐ必要ではないと感じていることが多いと思います。それに気づかされることなく一生安泰に過ごせればよいのですが、急に事情が変わって実感させられることもあります。その時になってから慌てるより、いつでもアンテナを張っていざという時の備えをしておく必要があります。

 

AIなど人口知能の発達で現在存在している仕事のほとんどはなくなるといわれています。ということは、今主婦がしているパートのほとんどはAIが変わってやるようになるのかもしれません。

 

人間がした方が価値のあるものだけが残ってゆくのでしょうか?今はまだあれこれ想像するしかありませんが、少なくとも私たち人間は仕事上でも仲間を作っていくということができます。その点ネットワークビジネスは大きな財産である仲間を作るビジネスですし、決してAIに乗っ取られることのない仕事であり続けるでしょう。

 

主婦でもできた!ネットワークビジネスで副業を成功法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.